顔のケアの際に、ジェルをつけて欲しい部分

シミウスのホワイトニングリフトケアジェルを使いマッサージをした後、ジェルが手のひらに余ることがあります。

 

シミウスジェルは大変伸び広がるためマッサージをする際には少しの量で充分です。

 

お手入れの案内にも必要な量の説明が記載されていますが思ったより少ない量で驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

 

記載された必要な分量を使用しても余ることがあります。

 

また使い慣れない時は、スパチュラで多くの量を取ってしまいやすくなります。

 

衛生的に使用するために、ジャーに戻してしまわずジェルを顔だけではなく身体にも塗りましょう。

 

ひじ、ひざ、かかとなど乾燥する部分に塗ることをお勧めします。

 

夏は特に乾燥しますので、忘れなく塗ってくださいね。

 

皮脂は肌が含む水分が蒸発するのを防ぐ役割がありますが、皮脂の分泌が少ないひじ、ひざ、かかとは乾燥しやすいです。

 

ひじを机に置いたり、服が触れたり、身体を支えたりといった、日々発生する摩擦や刺激を沢山受ける部分のため黒ずみが出たり、角質が厚くなってしまいがちです。

 

ひじ、ひざ、かかとは、積極的にシミウスジェルで保湿をする必要があります。

 

シミウスジェルの使用方法は手のひらに残ったジェルを乾燥している部分に優しく塗るだけです。

 

顔をマッサージした後、毎回塗りこむことで、乾燥しがちな部分がしっとりします。

 

シミウスジェルはシミへ効果的なジェルですが保湿の効果も非常に高いですので、顔、身体にも使い身体全体で効果を感じてください。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ